設備

お陰様で、当院も開院して25年となりました。
これまでに診療台も総入れ替えをしたり、予防のための診療スペースを設置したり、患者様がより快適に受診して頂けるように設備も充実させてきました。ここでは、当院の主な設備機器などについてご説明します。

中性電解機能水 「EPIOS」

facility_img01

歯科の治療は公共の水道水を使って行うのが一般的ですが、配管チューブ内での細菌汚染が問題視されています。高見歯科クリニックではより高い衛生管理のため中性電解機能水「EPIOS」を15年以上前から導入しております。EPIOSは、中性電解機能水を歯科治療中に連続的に供給するシステムです。うがい水や・歯を削ったり、歯石を除去したりする時などに使われる全ての治療用水を中性電解機能水に変え、口腔内を殺菌しながら治療を行う事がことが出来る装置です。


facility_img02

中性電解機能水は、水道法にも適合する安全な水 ( 飲んだり、目に入ったりしても問題ありません) でありながら、ほとんどの細菌やウィルスを数十秒以内に殺菌・不活化します。これによって、歯科の治療機器内部の水を清潔に保ち、治療前・治療中の口腔内を衛生的にします。 院内感染症対策にも大変有効で、MRSA(耐性ブドウ球菌)や肝炎ウィルス、エイズウィルス、O-157大腸菌にも効果があり、細菌を殺し、より衛生的な治療を行うことが出来ます。うがいをしたり、歯石を取ったり、歯を削る治療をするときに使う水によりお口の中がどんどん殺菌されていく状態になるわけですから、どうぞ、安心して治療をお受けください。

中性電解機能水「EPIOS」の仕組み

machine_img06

水道水に食塩を元にした現液を加えて電気分解します。そこで生成された中性電解機能水をタンクに貯め、各診療台、手荒いシンクに配管するシステムを組んでいます。このシステムにより、全ての治療用水を殺菌効果の高い中性電解機能水にするが出来るのです。また、空気が乾燥している季節には超音波式加湿器でこの中性殺菌水を空気中に噴霧することにより院内の空気も殺菌しています。当院の水を少し「プールの水」のようなにおいがするとお感じになるかもしれません。それは中性電解機能水の殺菌成分次亜塩素酸 (HOCl)が含まれている証拠なのです。

殺菌力の主成分・・次亜塩素酸 (HOCl)

facility_img03

中性電解機能水「EPIOS」の殺菌力は主に次亜塩素酸 (HOCl) によるものです。水道水が安全に飲料水として用いられるのは消毒力のある塩素、「残留塩素」を含んでいるからです。残留塩素とは次亜塩素酸 ( HOCl ) と次亜塩素酸イオン ( OCl⁻ ) の総量ですが、消毒力は HOCl が OCl⁻ の約80倍と強力で、HOClは「殺菌力の本質」とされています。また、水溶液中のその比率はpHによって変化します。中性電解機能水「EPIOS」はpHを6.5にすることにより、HOClの比率を高めた機能水なのです。ちなみに消毒薬として良く使用される次亜塩素酸ナトリウム (NaClO)は強アルカリ性(pH12.5~13.5)であるため、口腔粘膜に為害性があり、高い濃度では使用できません。また、その成分のほとんどが OCl⁻ ですので濃度を下げれば殺菌効果がより低くなってしまいます。

例えば、B型肝炎ウイルスを不活化するのに必要な時間は・・
NaClO ・・・ 1000ppm~2000ppmにて20分~1時間
HOCl  ・・・ 10ppmで30秒 ( 当院は20ppmに設定しています )

このように口の粘膜に優しい中性電解機能水の方が次亜塩素酸ナトリウムと比べ数十倍の殺菌効果があり、歯科治療に用いるのに有効なのです。

殺菌力の主成分・・次亜塩素酸 (HOCl)

facility_img04

次亜塩素酸とはどういうものなのでしょうか。実は次亜塩素酸は私たちの体を守るために重要な働きをしています。体の中に細菌等が侵入すると、免疫担当細胞である好中球は侵入者を補足し、酸素と塩素イオンから次亜塩素酸を合成し、それで侵入者を殺します。つまり次亜塩素酸は生体免疫由来の殺菌成分であり、私たちの体にとっては必須の成分なのです。次亜塩素酸は適正な濃度下で十分な消毒力を有し、薬などと違い副作用も報告されておりません。どうぞご安心して治療をお受け下さい。