ホワイトニング治療

高見歯科クリニックのホワイトニング治療に関するページです。

ホワイトニング 治療症例

症例1

左は上だけホワイトニングを始めて5日後、右は上下ホワイトニングを終了した常態。
左の写真の下の歯の色が元の色です。ご参考にして下さい。 ( ホームホワイトニング法 )

whitening_img01

症例2

左はホワイトニング前、右はホワイトニング後ですので比べてみてください。
( オフィスホワイトニング法、ホームホワイトニング法併用 )

whitening_img02

症例3

こちらは20代の男性です。左が術前、右が術後ですが、上下のホワイトニング治療、歯肉のメラニン色素除去、下の前歯の欠けた所はコンポジットレジンで修復しております。

whitening_img03

症例4

50代の女性です。歯が生えた子供の時から変色があり、ずっと気になっていたそうです。
左上は術前。右上はホワイトニング途中の状態(1週間くらい)です。色が薄くなってきました。
左下はホワイトニング終了時です。綺麗になりました。( 主にホームホワイトニング法 )
歯の変色は消えましたが、前歯の詰め物の変色はそのまま残りますのでコンポジットレジンで詰め直しました。(右下)

whitening_img04

症例5

左はホワイトニング前、右はホワイトニング後。上の歯のみホワイトニングしました。
下の歯との色の違いが出てきています。( 主にホームホワイトニング法 )

whitening_img05

症例6

左はホワイトニング前、右はホワイトニング後。
前歯が一本、神経がないために変色していました。歯の傷み方が少なかったのでホワイトニングしました。他の歯との色の違いが気にならなくなりました。( ウォーキングブリーチ法・・神経のない歯に対するホワイトニング法 )

whitening_img06

高見歯科クリニックでは、歯の色を白くきれいにする「ホワイトニング」治療を行っています。
お勧めの方法と致しましては診療室で行う簡単な「オフィスホワイトニング」と、お渡しした薬品をご自宅で使用していただく「ホームホワイトニング」を併用する方法が効果的にも費用的にも良いと思います。もし、短期間でのホワイトニング効果をご希望される方には、アメリカのDiscus Dental社のホワイトニングシステム「ZOOM」の特殊ライトを使用したオフィスホワイトニングを行っています。(一時間ほどかけて、その場でホワイトニングします)ただ、お急ぎでなければ、ホームホワイトニングを主体とした方法で十分綺麗な色に変わりますますのでそちらを まずお勧めしております。ホワイトニングの効果は個人により異なりますので担当医にお問い合わせください。(メールでのご質問も歓迎いたします)自然な感じで白くなりますので、口元が明るくなり、他人からの印象もかなり変わってきますよ。 また、ホワイトニングを始めると歯をよく観察する様になり、お口への関心が自然と高まってくるのもホワイトニング治療の良い点だと思います。保険は適応できませんが歯を削らずに口元を綺麗にすることが出来ます。

ホームホワイトニング治療方法(主にこちらを主体に行っております)

1

カウンセリング

まず、患者さんにホワイトニングの治療方法、予測される効果、治療費や治療期間などについてご説明します。また、予測される不快症状(一時的な知覚過敏など)や治療上の注意点なども理解していただきます。

whitening_img07

2

歯の診査とクリーニング

治療に入る前に歯の診査をして「むし歯」などが無いか確認します。
もし、むし歯があると薬品が凍みる可能性がありますので、先に治療する必要があります。また、患者さんの本来の歯の色を確認するために、歯の表面に付いた色素などをクリーニングし、患者さんが求めているホワイトニング効果が望める状態かどうかを診査します。( 歯の汚れを取ってきれいにしてからがホワイトニングの治療になります。) 説明の上、ホワイトニングをご希望されるようでしたら治療を進めます。

whitening_img08

3

歯の色のチェック

歯の色の見本と照らし合わせて患者さんの術前の歯の色を確認します。
今後の色の変化が正しく把握できる様に術前写真も撮ります。
患者さんにも見て頂き、歯の色を記録にとります。

whitening_img09

4

マウスピースの型どり

ホワイトニング治療を行うためのマウスピースを作る必要がありますので
歯の型を採ります。

だいたい以上がホワイトニング治療の一日目の内容です。
次回の診療日にマウスピースを用意して本格的に治療に入る事になります。

whitening_img10

5

次回の診療日は簡単なオフィスホワイトニング + キットのお渡し

2回目の診療日には、まず家庭で行って頂くホームホワイトニングの具体的な方法をご説明します。治療としては、ホームホワイトニングが効果的に行われるように簡単なオフィスホワイトニング( 診療室で行うホワイトニング )も行います。
ホームホワイトニングの方法がご理解頂けたことを確認しホワイトニングのキット( マウスピース、マウスピースケース、ホワイトニングのお薬など )をお渡ししてその日は終了です。

whitening_img11

6

ご自宅でホームホワイトニング

お渡ししたホームホワイトニングキットを使い、ご自宅でマウスピースを使ったホワイトニングを行っていただきます。歯の色は概ね1~2週間くらいで変わってきますが、状態確認のためその間何回かはご来院ください。

※基本的には上の歯と下の歯は別々に行うようにしています。例えば、上の歯から始めれば下の歯との色の違いがだんだん出てきますので効果を実感できると思います。

whitening_img12

オフィスホワイトニング治療方法

短期間でホワイトニングをしたい方、マウスピースを入れるのが苦手な方には診療室で行う「オフィスホワイトニング」も行っております。

whitening_img13

治療方法

  • 短期間でホワイトニングをしたい方、マウスピースを入れるのが苦手な方には診療室で行う「オフィスホワイトニング」も行っております。
  • 写真のようなホワイトニング用ライトで薬品の効果を高めるために光照射を行います。
  • 所定時間照射した後、薬品を塗布し直して 再度光照射を行います。
  • ホワイトニング剤と歯肉の保護剤を除去します。
  • ホワイトニング剤による刺激を和らげる為の薬剤を歯の表面に塗布して数分置きます。
  • 歯の色の変化を確認します。

以上のような流れでオフィスホワイトニングを行いますが、ライトを使用しない方法もあります。治療時間は1時間以上かかると思います。 きれいにホワイトニングするには、上記の治療を日を変えて3回以上行うのをお勧めします。短時間で効果を期待しますので使用するホワイトニング剤はホームホワイトニングの物よりも濃度の濃いものを使用します。また、歯の色をより白くしたい場合はホームホワイトニングも追加で行うデュアルホワイトニングをお勧めします。

歯肉のメラニン色素除去 治療症例

歯だけではなく、歯肉のメラニン色素が気になる方はそれを取り除くことにより口元が明るくなります。
歯肉が明るいピンク色になることで、予想以上にイメージアップ効果が得られます。



症例1

左が術前の状態、右が術後です。
上の歯肉のメラニン色素を取りました。(下の歯肉は処置していません。)

whitening_img14

症例2

左が術前の状態、右が術後です。
上のメラニン色素は下ほど濃くはありませんでしたが、上下のメラニン色素を除去しました。

whitening_img15

メラニン色素を除去する方法は、レーザーを使う方法と薬品を使う方法がありますが、薬品を使用した方が短い時間できれいに取れますので、当院では主に薬品を使用した方法を行っています。

ホワイトニング 治療費(料金)

基本的にホワイトニング治療は、上下の歯を別々に行います。上下それぞれ前歯と小臼歯、合計10本を対象とした料金です。


whitening_img16
ホームホワイトニング上下片方

各15,000円

・初回診療時、簡単なオフィスホワイトニングも行います。
 15,000円にはマウスピースとシリンジ2本分の料金を含みます。
・上下ホワイトニングご希望の場合は
 上の歯をホワイトニングした後、下の歯をホワイトニングしますが
 その際にオフィスホワイトニングを1回サービスでおこないます。
 この方法が当院のおすすめです

 この方法が一番きれいになり、低料金ですのでお勧めです。

whitening_img17
オフィスホワイトニング上下両方

1回 15,000円

・オフィスだけでホワイトニングするなら上記のコースを3回以上行なうこ とをお勧めします。
・ホーム、オフィス両方行うデュアルホワイトニングの場合は・・・
 マウスピース上下各 5,000円
 シリンジ1本    5,000円 になります。

 オフィスホワイトニングを希望される場合は、デュアルホワイトニングを お勧めします。ただ、「おすすめコース」よりは割高になります。

whitening_img18
上下片方

各 5,000円

・レーザーを使用する方法と薬剤を使用する方法があります
 どちらの方法も費用は同じですが、薬剤を使用する方が時間的にも短時間 で処置出来ますのでお勧めです。

詳しくは担当医にお問い合わせ下さい。

その他の診療科目

高見歯科クリニックの診療科目は一般歯科、小児歯科、矯正歯科、他に審美歯科、インプラント治療、レーザー治療などの歯科治療を行っていますが、それぞれの内容についてよりご理解いただくためのページです。

  • 一般歯科・・・・・・

    むし歯、歯周病、入れ歯など一般的な歯の痛みを治したり、物を噛める様にする治療です。

  • 小児歯科・・・・・・

    まだ、治療が苦手なお子様の治療です。乳歯期の歯の成長や歯並びの管理も行います。

  • 矯正歯科・・・・・・

    歯並びを整え、顔立ちを綺麗にしたり、噛み合わせを整える治療です。

  • 審美歯科・・・・・・

    綺麗な歯を入れて、口元を美しくすることにより人からの印象がかなり違ってきます。

  • インプラント・・・・

    歯がなくなったところに人工歯根を埋め込むことにより、入れ歯を入れずに物を噛むことができます。

  • ホワイトニング・・・

    歯の色が綺麗になると、人からの印象は大きくアップ。どんなメイクより効果的だと思います。